某市保育園に出かけ、0歳~5歳クラスの子どもたちに リズム遊びの実技指導を行って来ました。
ピアノの音に合わせて色々な体の動きを経験することは、体の柔軟性を高め、自分の体を自由に動かせるようになり、お子さんの発達にとても大切と捉えています。
ここの保育園では広いホールで手指足先を思い切り使って動きまわれるため、お子さんの動きはのびのびしていてこちらまで気持ちよくなってしまいます。
そして、一番は子どもたちが「楽しんでやりたい気持ち」を大切に考えながら取り組もうと心がけています。
…園長先生はじめ先生方の前向きで熱心な姿勢が子どもたちに伝わり、落ち着いた雰囲気の中で行われました。
リズム遊びが終了しても先生から「どのように介助したら良いのか」「動き方のポイント」等、真剣に質問がありました。質問を受けることで、こちらもポイントがしっかり整理ができる気がします。
最後に先生方や子どもたちいっせいに(“ありがとうございました”)と元気な声で挨拶をしてもらい、嬉しくなり次回への期待感も膨らんで来ました。